Welcome to MOUSOU World!

オリジナルBL小説をお披露目しちゃいます

❼KARISOME LONELY ONE

洋食屋・銀杏亭でアルバイトを始めた大学生の速水邦彦はバイト仲間である売れないミュージシャンの雨宮薫に惹かれていく。

   KARISOME LONELY ONE ⑧(最終章)※2回目の18禁でごわす🔞

第八章「大丈夫?」 薫は今にも泣き出しそうな表情で、俺の顔を覗き込んできた。「血が……」「あ、ホントだ」 言われて初めて、唇が切れているのに気づく。タオルを手にした薫がそれをそっと押し当ててくれた。「ありがとう」 ううん、と首を横に振った薫の目…

   KARISOME LONELY ONE ⑦

第七章 どれだけ時間が経ったのか、それすらもわからないほど、俺はその場に突っ立ったまま呆然としていた。 血を流す薫、悲しそうな顔をした彼の姿が焼きついて離れない。 あんなことになるなら、あいつの言い訳を聞いてやればよかった。俺をマーシーの身代…

   KARISOME LONELY ONE ⑥

第六章 ろくに挨拶もせずに薫と別れ、アパートに帰った俺は昨夜の睡眠不足がたたって、そのままベッドに倒れ込んで眠ってしまい、気がつくと夕方になっていた。「げっ、社会経済学の講義、出席とるんだったのに……」 歯軋りをして悔しがってみても、今から登…

   KARISOME LONELY ONE ⑤ ※1回目の18禁ということで🔞

第五章「きゃあ、なにーっ?」「ええーっ、待ってー!」 カオル、マーシー、と呼びかけながら迫り来る女たちの手を振り切ると、雨宮と俺は扉を抜けて螺旋階段を一気に駆け上がり、そのまま渋谷の街中を突っ走った。 こんな速度でダッシュしたのは高校の体育…

   KARISOME LONELY ONE ④

第四章 さらに翌日、俺は講義をサボって、開店から閉店までと、ほぼ一日中店にいた。 大学に行かなくていいのかと藤本さんが心配したけど、担当の教授が病気で休講続きだから大丈夫と嘘をついた。 雨宮がいない分、俺が仕事をカバーしなくては、というのはも…

   KARISOME LONELY ONE ③

第三章 小田急線で新宿まで移動し、向かった先はジャス・バーと呼ばれる部類の店らしい。 重い扉を開けて、ジャズの流れる薄暗いカウンターにあのミス・カフェオレの姿を見つけた俺は仰天した。 雨宮との約束が出来上がっていたというのか。そんなバカな、信…

   KARISOME LONELY ONE ②

第二章 バイト三日目。この日の講義が休講になったので大学に行く必要もなく、太陽が昇ってかなり経ってから、のそのそと起き上がった俺はしばらくぼんやりとしていた。 山梨から東京に出てきて二年、このアパート暮らしも二年目になる。 テレビの上にちょこ…

   KARISOME LONELY ONE ①

第一章「銀杏亭(ぎんなんてい)って……あ、あった。ここだ」 教えられた住所を頼りに、俺が訪れたのはこじんまりとしたレストランだった。煮込みハンバーグが美味しい店としてこの界隈では結構有名らしいが、ほとんど外食しない俺はそういった事実をまったく…

   KARISOME LONELY ONE 解説

初めて書いたオリジナルBLのタイトルは「STOMY NIGHT」。売れないミュージシャンと大学生の悲恋を描いた、読み返すのも恥ずかしい黒歴史小説でした。それから十年程経ち、この話をリメイクしようと思い、書き直したのが本作です。BLの定石に倣い、悲劇の結末…